特定領域「ストレンジネスで探るクォーク多体系」研究会プログラム
2005/11/17
Session I −概要・J-PARC・Xi核分光 −
          応田(理研)
1330 1340 Opening
1340 1400 永江知文 KEK 特定領域研究の紹介
1400 1420 岡真 東工大 J-PARCでのハドロン 物理
1420 1440 野海博之 KEK Beamline(仮)
1440 1500 高橋俊行 KEK SksPlus @ J-Parc
1500 1520 橋本慎太郎 九州大 Xi^-核包括的(K-,K+) 反応の半古典歪曲波模型による記述
1520 1540 肥山詠美子 奈良女子理 S=-2ハイパー核の3体・4体構造の研究
1540 1600 浜田けい子 奈良女子理 ααΞ系の3体構造の研究
Session II −S=-2 system, K-nucleus  計画研究の議論−
          味村(大阪)
1620 1640 仲澤和馬 岐阜大教育 ダブルハイパー核の弱相互作用
1640 1700 小池貴久 理研(先端中間子) エキゾチック原子のカスケード計算に関する最近の進展
1700 1720 岩崎雅彦 理研 K中間子が拓くクォーク物質の研究
1720 1740 武藤巧 千葉工業大学 ハイペロン物質中でのK中間子凝縮の共存と状態方程式
1740 1800 大西明 北大理 強結合格子QCDによる高密度核物質の 研究
1800 1850 計画研究間の諸問題の議論 (永江)
1930 - 夕食
2005/11/18
Session III −K-nucleus, Penta quark −
          保坂(RCNP)
900 920 前沢祐 東京大理 マルチクォーク系としてのストレンジ・ ダイバリオン及びトライバリオンの研究
920 940 関亮一 Calfornia State An overview of the recent progress on low-energy kaon-nucleon interactions, and a comment on study of strangeness nucleonic systems
940 1000 早野龍五 東大理 K-He X-ray
1000 1020 中野貴志 RCNP Status and Plans of Theta+ study at LEPS
1020 1040 松村英樹 新潟大自然科学 Structure and decay width of Theta^+ in a one-gluon excahnge model
Session IV − Penta quark −
          中野(RCNP)
1100 1120 石井理修 東大理 Penta-quark and tetra-quarks in anisotropic lattice QCD
1120 1140 大楽誠司 京都理 (K+,pi+)反応によるPenta-quarkの研究
1140 1200 保坂淳 RCNP Θ粒子の光生成
1200 1220 與曽井優 RCNP LEPS New Beamline について
Session V −Hadron Physics −
          大西(北海道)
1330 1350 兵藤哲雄 RCNP K* vector meson coupling to the Lambda(1520) resonance
1350 1410 竹内幸子 日本社会事業大学 クォーク5体系で考えたΛ(1405)
1410 1430 根村英克 理研(先端中間子) クォーク模型によるΛ(1405)の研究
1430 1450 寺崎邦彦 京大基研 Charm scaler resonances - D(s0)+(2317) as an possible evidence for existence of four-quark mesons -
1450 1510 山崎寛仁 東北大核理研 光η中間子生成反応による反十重項 バリオンの研究
1510 1530 滝澤誠 昭和薬科大学 有限密度でのスカラー、擬スカラー中間子
1530 1550 安井繁宏 東工大 有限体積クォーク物質とカイラル対称性の ダイナミカルな破れ
1550 1610 西川哲夫 東工大 スカーム模型におけるbound kaon approachによるストレンジ・ダイバリオン
Session VI −YN Interaction, Hypernucleus −
          肥山(奈良女子)
1630 1650 藤原義和 京都理 B8 B8 interaction by fss2
1650 1710 山本安夫 都留文科大 ESC04 interaction models and hypernuclei
1710 1730 原田融 大阪電通 ハイパー核の生成と応答スペクトル
1730 1750 椿原康介 北大 カイラル対称性を持った相対論的 平均場 によるハイパー核の研究
1750 1810 阪口篤志 大阪理 高アイソスピン状態のストレンジ バリオン多体系の分光
1810 1830 味村周平 大阪理 single-charge exchange reaction によるハイパー核生成
1830 1850 河野通郎 九州歯科大学 Σハイペロンの斥力一体ポテンシャルと アイソスピン依存性
1930 - 夕食
2005/11/19
Session VII −Gamma-ray spectroscopy, photoproduction ー
          福田(大阪電通)
900 915 鵜養美冬 東北大サイクロ Gamma-ray spectroscopy of 15-Lambda-N via the 16O(K-,pi-) reaction
915 930 Ma Yue 東北理 Gamma-ray spectroscopy study of C12-Lambda and B-11-Lambda
930 950 田村裕和 東北理 J-PARCでのハイパー核ガンマ線分光実験
950 1010 小池武志 東北理 HyperBall2とHyperBall-J
1010 1025 塚田暁 東北理 閾値領域における中性K中間子光生成
1025 1045 二ツ川健太 東北理 閾値領域でのn(gamma,K0)Lambda 反応に 特化した中性K中間子スペクトロメータの設計と今後
Session VIII −Experiments at foreign laboratory −
          岸本(大阪)
1105 1125 藤井優 東北理 JLab E01-011実験の概要と解析の現状
1125 1140 野中健一 東北理 HKS側トリガーと Quasi-free
1140 1200 中村哲 東北理 JLabにおけるハイパー核研究の今後 (HKS+HES Project)
1200 1220 福田共和 大阪電通大 GSIでのハイパー核の実験
1220 1245 今井憲一 京都理 Comment on new generation spectroscopy of S=-2 nuclei & Summary